脳卒中 リハビリ 膝痛 腰痛 股関節痛 術後 体力トレーニング PNF スポーツ コンディショニング 競技パフォーマンス バレエケア  
2013年05月14日

腰痛に対するリハビリ

<この様な症状の方へ>

 

・背骨や腰の神経の病気に由来する痛み

  腰部脊柱管狭窄症・腰椎椎間板ヘルニア・腰椎分離症・すべり症など腰の周りの鈍痛や、足のシビレ、感覚障害を伴う腰痛が代表的です。

 

・悪い姿勢に由来する痛み

  長時間の立ち仕事・前かがみの姿勢での台所仕事・不良姿勢をとりやすいデスクワークや長時間の車の運転などが原因の慢性的な腰痛があります。この様な腰の痛みは、腰の周りの筋肉が頑張りすぎて硬くなっていたり、背骨を守る体幹の筋肉(腹筋や背筋)がやせ細ってしまい、腰が不安定になって症状を悪化させていることもあります。

 

<どの様な効果があるのか?>

 

・身体の柔軟性を向上させる

  腰痛を起こすと筋肉が硬くなり、背骨の動きが悪くなります。また、腰痛を持った方の多くが背骨だけでなく骨盤や股関節の動きが悪くなり、これがさらに腰痛を起こす原因となっています。その様な症状に対し、筋肉をゆっくりと優しく働かせながらリラクゼーションをすることにより、安全で効果的な柔軟性の獲得が可能になります。

 

・姿勢を整える

  腰痛を起こさずに日常生活を送るためには、まず正しい姿勢で筋肉が正常に働くことが大切になります。

姿勢を正しい位置に戻すだけではなく、その正しい姿勢を維持できるよう筋肉に働きかけていきます。

 

・背骨を支える筋肉を強化し、身体を安定させる

  腰痛に対しインナーマッスル(深層筋)が大事な役割をしている事はテレビや雑誌等でも紹介されていますのでご存知の方も多いと思います。このインナーマッスルに刺激を入れることで筋肉がたくさん働き、身体が安定します。