脳卒中 リハビリ 膝痛 腰痛 股関節痛 術後 体力トレーニング PNF スポーツ コンディショニング 競技パフォーマンス バレエケア  
2017年03月18日

腰痛予防教室

すっかり春らしくなり気分はルンルンですが、『花粉症』が凄い勢いで襲ってきて顔の周りがグズグズな今日この頃です!

 

そんな中、まだまだ雪景色の残る安塚区で地域包括支援センターさんから声を掛けていただき『腰痛予防教室』を行いました。

会場はずっと行ってみたかった「古民家 農家茶屋耕太郎」さんで行いました。

      耕太郎.jpg

ここは築100年の古民家で耕太郎農園や地元で採れた食材を使った手作りのランチを提供しており、基本的に1日1組限定なのでずっと行きたくていけない場所でした。

今回、会場に使わせていただき、ランチ付き!と聞き、迷わず講師を引き受けさせていただきました(笑)

 

今回のランチは人数も多かったので『9升弁当』を用意してくれていました。どれも美味しかったのですが、右隅の「イチゴ大福」は絶品でした!甘い大きなイチゴがまるまる1個入っていて幸せな味でした!! 「講師で来て良かった〜」と思いました。

      お弁当.jpg

しかも、耕太郎農園さんのホームページを見たら、農家茶屋は4月上旬まで冬期休業中とのこと!

今回は特別だったようです。改めて感動〜!

良いお仕事が出来た事に感謝です…(講習会の内容は全く関係なし…笑)

 

初めまして!ケア&コンディショニングセンターShinodaのシノダです。

「誰のためでもなく、自分のために!!」

よくなる事を諦めず「希望 ゆめ につながるリハビリ」をしませんか?

 

これまでリハビリ専門職(理学療法士)として15年程、医療機関などで働き、様々な病気や障害の方のリハビリに取り組んで参りました。

 

2006年4月の診療報酬改定により、疾患ごとにリハビリの日数制限が導入され、その期間を過ぎるとリハビリを受けたくても受けることができず(除外規定もありますが・・・)行き場を失う患者さん(いわゆるリハビリ難民)が増えました。

 

医療現場で働いていた私は、医療機関の枠では理学療法士として十分に対応が出来ない事を痛感していました。そして多くの方々が「もっとよくなりたい…」という望みを諦めリハビリを終えていました。

 

そこで医療保険・介護保険などの対応をあえて行わず、日数制限や回数制限を気にすることなくリハビリが行える

  

ケア&コンディショニングセンター Shinoda シノダ

 

を開業することとなりました。

 

上越では初めての試みです。まだまだ周知されていない分野ですが多くの皆様のお役に立てるよう日々努力して参りますので、宜しくお願い申し上げます。

 

新聞掲載

平成26年4月7日(月曜日)

      「上越 歩きま専科」の記事が上越タイムスに掲載されました!

  記事の内容はこちら…

 

平成26年1月14日(火曜日)

     上越タイムスに掲載されました!

上越タイムスH26.1.14.pdf